(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

ブログ

2021/05/27


最近多いのは飲食店が撤去したテナントさんで、その後異業種の歯医者さん、クリニックが入るケースが増えております。

スケルトンできれいに内装して、営業した後、すぐに配管が詰まった、あふれた、トイレが詰まったなどのケースが増えております。

大切なのは、スケルトンにしている状態で高圧洗浄をかけることです。つまりの原因は二つあります。

①前のテナントさんの排水管内の油塊り

②新規テナントさんのトイレが節水式であったり、水周りの配管ルートが複雑であること

解決方法はあるの?

①に関しては高圧をかければ解消するかと思います。②に関しては現在節水式のトイレ以外は

ほぼ存在しないので、水まわりのルートに後々点検できるよう、配管が見えるよう、内装の段階で

床の点検口や床の掃除口のをつけるなど、アフターメンテナンスのことを考えて内装をした方が

ベターです。建物のオーナー様のリスク回避のためにも、テナントさんが変わった時点で

高圧洗浄清掃をするのは必要事項かと思います。下記画像は、30年間居酒屋さんであったテナントさんが

撤退したため排水管洗浄をしました。油塊の一部です。これらが排水管の中を閉塞される原因の一つです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ