(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

お知らせ

工事中に管破損、解体中に管破損に対応します。

2018/01/27

弊社は緊急止水工事を得意としております

仮設配管、応急配管等、配水管の困ったに親身で対応します。

フリーダイヤル0120-000-301 又は 03-3410-6000 

弊社は世田谷区駒沢にて37年間水道工事業をしております。

熟練の作業員が多数おりますので、困った時はご連絡下さい。

塩ビ管破損、鉄管破損、鉛管破損、

散水栓水が出ない、給水管破裂、パンク、屋上の散水栓、

車庫の散水栓、庭の散水栓が壊れて、水だけでない、

給湯器の配管から水漏れ等々、東京都世田谷区を中心に目黒区、大田区、

練馬区、新宿区等々、川崎、横浜は得意エリアです。

工事現場等で止水栓がない、元栓ごと壊れた、仕切弁がない、仕切弁を壊した等

水が噴き出していても、対応します。塩ビ管破損、HI破損、鉄管破損、鉛管破損

13ミリ、20ミリ、30ミリ、40ミリ など対応致します。解体中に壊した

足場を立てる時に配管を壊した、重量物が乗り上げ配管を破損させた、

メーターボックスの箱を壊した、解体工事用に水栓を移設してほしい、

解体工事用に車で乗り上げないよう、水道のルートを変えてほしいなど

工事業者様のご依頼は多いです。ほぼできないことはないのでご連絡下さい。

 

元バルブの交換も得意としております。日中であれば、当日対応または翌日対応するよう

心がけております。概ね、元バルブ交換は30,000円から、

凍結工法を用いるときは70,000円からになります。

 

 

 

 

バルブを閉める方法↓

通常、一戸建てのおうちでは門扉付近、ドア付近、駐車場内に青色プラスチックの箱、

又は黒っぽい鉄の箱が地中に埋まっています。右、時計まわりに30回から50回くらい

ゆっくりと回せば止まります。最初は驚くほど硬い場合があります。ゆっくりゆっくりと

ねじが下に降りて、水道水が宅地内に入るのが止まります。逆に開ける時は、左に

同じ回数戻して、水が出ます。イメージとしては水門のような仕組みです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ