(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

施工事例

杉並区 解体現場 凍結工法バルブ交換

2016/04/20

解体現場にて水道管のバルブが開かない、水を出すことも、もちろん止めることもできないとの依頼がありました。

通常バルブを交換するには、水を止めなくては交換するのは難しいのですが、管を凍らすことで一時的に水を止めます。

弊社の外傷工事専門部隊には常に液体窒素を積んでいます。

IMG_0222

DSCN0555

DSCN0556

 

液体窒素、凍結工法にて水道管を凍結させ、バルブ交換作業に取り掛かります。

DSCN0558

DSCN0559 DSCN0557

管を凍らせて水が水道管から出てこないようにしながら、バルブ、配管を取り付けます。

新しいバルブを取り付けて、これで水の開閉が可能になりました。

解体現場では水道水をまきながら粉塵が飛ばないようにしながら作業をするので、

水道の水が使えないのは一大事ですね。

 

DSCN0560 DSCN0561 DSCN0562

完了後、これでホースにて放水作業ができます。

トラブル状況
エリア
原因 バルブが固くて回らない 水がでない バルブ交換したい
料金 30,000円~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ