(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

施工事例

世田谷区 メータバルブ空回り 凍結にて修理しました

2016/05/30

 

DSCN0659 DSCN0660 DSCN0662

水を止めようとしてもバルブが空回りして閉まりきらない、ことはよくあります。

配管を凍らせて、その間にメーターバルブを交換します。水は手前から

奥へ流れているので、もし凍らせなければ、水が出っ放しになり

交換作業ができません。そのためにメーターより手前の部分の床を斫り

配管をむき出しにして凍らせます。

手前白い箱に液体窒素をいれ、配管が一時的に凍ります。

その間に手際よく、バルブを交換します

これで水の開閉が問題なくできます。

そもそもバルブを閉めることなどなかなか日常生活ではなじみが

ないかと思います。たまたま、内装屋さん、水道屋さんが

蛇口の交換をしようとして、水が止まりきらない、バルブが

不良だとSOSが来るケースが大半です。

個人のお客様、同業者の皆様、いつでも手助けに伺いますので

まずはお電話ください。0120-000-301 24時間受付 

しております。

 

トラブル状況
エリア
原因 メータバルブが老朽化して空回りした
料金 30,000円(別)から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ