(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

施工事例

新宿区にて受水槽の水が止まらない、あふれた

2018/04/25

        
建物地下受水槽室です。

今回は水がオーバーフロー(出っ放し)になっていたため

FMバルブ↑(緑色のバルブ)を交換しました。

水の出が悪い、水が出っ放しに

なっている等、何かしらの兆候がでたら、FMバルブの交換が

必要なケースが多いです。↓新しいFMバルブとボールタップを交換しました。




安心して水の出っ放しが解消し、安心して水が供給されるようになりました。

FMバルブ、受水槽、高置水槽で困ったら、㈱共同サービスにご連絡下さい。

年中無休 フリーダイヤル0120-000-301 又は 03-3410-6000

水道局指定で受水槽のトラブルの対応エリアは

東京都内全域、世田谷区、目黒区、大田区、品川区、新宿区、渋谷区、練馬区、杉並区、

中央区、千代田区等をはじめ武蔵野市、三鷹市、立川市、国立市、

川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、横浜市緑区、

横浜市都筑区、横浜市港北区、横浜市西区、横浜市神奈川区等対応致します。

また弊社は受水槽の清掃も得意としております。受水槽の清掃時にFMバルブやポンプの

点検も無料で行います。

トラブル状況
エリア
原因 FMバルブが経年劣化で水があふれた
料金 お見積りします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ