(東京・川崎・横浜)水道工事・トイレつまり・水漏れ・排水ポンプの故障なら

お知らせ

給湯管漏水 漏水調査調査、発見しました

2021/09/28

「水道料金が上がった」「どこかで漏水していると検針員さんに言われた」「どこで漏れているか分からない」などの依頼は最近増えております。まずは水道メーターを確認下さい。通常水色のフタで四角い箱の中に水道メーターはあります。鉄蓋や白色や黒色の箱の中にある家庭もあります。今回の現場は給湯器周り、数週間前から湿り気があり、漏れている箇所を予想し、斫ることで発見しました。銅管のピンホールという腐食による小さな穴が開いておりました。補修、埋め戻し、そして水道局に提出する修繕報告書を弊社にて提出致しました。多く払いすぎた料金は、水道局にて算定方法があり、何らかの形で減額され過大に払う必要はなくなりました。料金が2倍、3倍の方から10倍くらいに上がってしまったケースなどすべて対応致します。漏水調査 世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、杉並区、新宿区、文京区、千代田区、豊島区をはじめ23区ならどこでも対応致します。また川崎市、横浜市、調布市、三鷹市、町田市なども給水装置設置事業社(水道局指定)ですので安心してご用命下さい。フリーダイヤル 0120-000-301 年中無休、老舗水道屋、緊急水道対応なら㈱共同サービスならアフターメンテナンスも安心です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ